TOP 病院のご案内 外来のご案内 診療科・部門のご紹介 入院のご案内 健診のご案内 お問い合わせ 交通アクセス

入院手続きについて

医療法人社団仁恵会黒河内病院

入院の手続きは、1階会計窓口で行っています。


入院受付時間
平日:8:30 ~ 17:30
土曜:8:30 ~ 16:30

<入院手続きの際には以下の物をご準備ください>
  • 診察券
  • 印鑑
  • 保険証・医療受給者証など
  • 保証金
※交通事故・労災の方は、手続きが異なりますので、当職員にお申し出ください。
ページのトップへ戻る

入院時提出書類

  • 入院申込書
  • 入院時病室承諾書
  • 寝巻き・タオル類承諾書
  • 入院特定療養制度説明承諾書・退院証明書
ページのトップへ戻る

入院申込書

入院申込書に氏名・現住所・緊急連絡先・連帯保証人(独立生計を営む身元確実な成年の方)を記載し、ご本人及び保証人それぞれ捺印のうえご提出ください。
ページのトップへ戻る

入院に必要な持ち物

当院では、院内の衛生管理の徹底、入退院される際のご準備や毎日のお洗濯等負担軽減のため、『寝巻類・タオル類・歯ブラシ・コップ・スリッパ等の日用品・紙オムツ』を専門業者によるレンタルを委託しております。ご理解、ご協力お願い致します。(有料)
*肌着以外は必要ありません。

<入院セット内訳>
寝巻/介護寝巻/バスタオル/フェイスタオル/オシボリ
<日用品内訳>
コップ/ティッシュ/ヘアーブラシ/カミソリ/シェービングジェル/スリッパ/リンスインシャンプ-/ボディソープ/ストロー付きカップ/ドライシャンプー/綿棒/ニベアアクアミルク/舌ブラシ/リハビリシュ-ズ/歯ブラシセット/水のみ/入れ歯洗浄剤/ポリデントカップ/マウスピュアスポンジ/ナプキン/紙オムツ/尿もれパット等患者さまの状態に合わせてご提供致します。
<オプション>
肌着/パンツ/靴下

*詳しくはレンタル委託業者より別紙入院セットのご案内をご覧ください。

ページのトップへ戻る

入院特定療養制度

平成14年4月1日の診療報酬改定により、同じ病気で入院している期間が、180日を超えると入院基本料の15%が自己負担となります。
ページのトップへ戻る

入院費用について

入院費のお支払いは、月3回(10日・20日・月末)で締め、締め日より2~3日後、請求書をお部屋までお届け致します。
お届けしてから5日以内にお支払いくださいますようお願い致します。
お支払い窓口は1階会計にてお願い致します。尚、時間外・休日は会計業務を行っておりませんので、入院受付時間内にお願い致します。
ページのトップへ戻る

退院手続きについて

退院許可が出ましたら看護師にお声をかけてくださればご説明致します。
退院時のご精算は、1階会計窓口にてお支払いをお願い致します。
精算時は、保証金預かり証をお持ち下さい。ご持参いだだけない場合は精算出来ませんのでご注意ください。
ページのトップへ戻る

その他のご案内

その他治療に際し使用量、利用回数に応じ費用がかかる物
腹帯(1枚¥2,000)、T字帯(1枚¥300)、各種サポーター等
ページのトップへ戻る

持参薬について

当院では、入院中に安全に治療・検査を行うため、普段服用しているお薬の内容(お薬の種類や飲み方)を薬剤師が確認しています。

現在使用中のお薬がある方は、入院時お持ちください。

1.現在使用中のお薬全て(飲み薬以外のお薬 インスリン、目薬、湿布などを含む)
2.お薬手帳・薬の説明書・お薬の袋

◎当院では入院時にお持ちいただいたお薬(持参薬)の入院後の服用について医師が判断し、管理や診療上問題とならない場合には、持参薬を継続して頂きますが、一部がなくなった場合には原則主治医の処方したものを服用して頂きます。

◎ご持参されたお薬の中に治療上好ましくない物が含まれる場合、患者様にその旨を説明し納得いただいた上で返却又は処分させて頂く事があります。
ページのトップへ戻る

入院中の過ごし方

起床 6時 消灯 21時

<お食事>
管理栄養士によって管理された食事を適時、適温で提供しております。
朝食8時    昼食12時   夕食18時

<入浴時間>
AM10:00~PM7:00
男性 月 ・ 水 ・ 金
女性 火 ・ 木 ・ 土
ページのトップへ戻る

院内設備

  • テレビ全室(テレビカード式・DVDプレーヤー付)
    カードは3階食堂に自動販売機を設置しています。(1枚1000円10時間分)
    イヤホンは1階会計で販売しています。(320円)

  • 冷蔵庫(個室のみ)
  • 小型金庫
    床頭台に鍵付きの引き出しがあります。
  • 公衆電話 各階
    テレフォンカードは1階会計にて販売しております。〈平日及び土曜日の診療時間にご購入下さい。〉
ページのトップへ戻る

面会時間

平日 午後3時~8時
土曜日 午後2時~8時
休日 午前11時~午後8時
1階の受付にて面会用紙にご記入後、面会者バッチを付けてから訪問してください。
時間外の面会を希望される場合、当職員にお申し出ください。
ページのトップへ戻る

院内持ち込み品について

持ち込み禁止物品
  • 包丁・カミソリ・ナイフ・カッター・ハサミ等の刃物類
  • キリ・裁縫針・ドライバー等の鋭利な物
  • ライター・マッチ・タバコ(院内禁煙)、その他発火物
  • アルコール類、シンナー、灯油、炭等可燃物
  • ガラス製品や陶器類など割れやすいもの(破損などの責任は、当院では負いかねます。)
  • テレビ・ビデオデッキ・TVゲーム・OA機器(コンセント使用するもの)
  • カメラ・ビデオカメラ
  • ドライヤー・湯沸しポット・電気毛布等の電化製品(コンセント使用するもの)
  • 犬や猫・小鳥・爬虫類等ペット類
  • 生ものや腐りやすい食べ物・臭いのきつい食べ物
  • 臭いのきつい化粧品等

持ち込み可能な物品
  • 電池式のラジカセ
  • 電池式のシェーバー
  • 携帯電話(使用可能区域及び使用時間の制限あり)

携帯電話の使用について(メールも同様)
利用可能な場所
  • 3階 食堂/談話室
  • 個室・特別個室(医療機器使用中は誤動作の可能性があるためご利用できません。医師、看護師にご確認ください)
  • 階段の踊り場
  • 利用可能な時間(8:00~21:00)
  • 消灯時間以外、回診や治療中以外
*大声での通話や、カメラ付き携帯電話での撮影などプライバーシを侵害するよう場合は使用を禁止いたします。

入院中守っていただく事項
  • 入院中は医師及び看護師の指示をお守りください。
  • 院内では他の患者さまの迷惑にならないようお静かにお願いいたします。
  • 外出・外泊・病院外に出るときは必ず主治医及び看護師の許可を得て所定の手続きを行ってください(消灯時間になりますとオートロックとなり、外から入れない場合があるます。)
  • 病院隣の緑道は病院敷地外になりますので外出許可が必要です。
  • 入院中の飲酒、無断外出・外泊、他の入院患者さまにご迷惑をおかけになる事があった場合は、ただちに退院していただくことがあります。
    (ノンアルコールビール等も誤解を招く可能性があるためご遠慮下さい。)
  • 院内は全館禁煙となっております。
  • 各種勧誘、宗教活動、賭博行為は堅く禁じます。
  • 他の病室・診察室・ナースステーションなど、みだりに出入りしないでください。
  • 入院中は、他の医院や診療所の受診や投薬を受けることは原則できませんので主治医にご相談ください。
  • 患者さまの病状によって、急に病室やベッドの移転をお願いすることがあります。
  • 電話の取り次ぎはいたしませんのでご了承ください、電話での患者さまの病名や病状はお答えできません。
  • 入院中の駐車はご遠慮ください。
  • 現金・貴重品は持ち込まないようお願いいたします。院内での紛失・盗難などの責任は、当院では負いかねます。
ページのトップへ戻る

個人情報保護法について

個人情報の取り扱いには万全の体制で取り組んでおります。

ご不明な点がございましたら、いつでも当職員にご相談ください。
ページのトップへ戻る
限度額認定証で窓口のお支払いを軽減できます!!

限度額認定証とは?
● 70歳未満の加入者の方が入院した時に、限度額認定証を医療機関の窓口に提示すると、入院時の1カ月(1日から月末まで)の窓口負担が下記の自己負担限度額までに軽減されます。
● 限度額認定証を利用した入院分について、基本的には高額医療費の申請は不要です。
※但し、月の途中で転院した場合など、高額医療費の申請が必要となるケースがあります。

1カ月の自己負担限度額は?
● 限度額認定証には被保険者の所得区分に応じた自己負担限度額の適用区分をアイウエオで表示しています。
食事代や保険診療外のもの(保険診療外の治療費、個室料、文書料など)は別途、費用がかかります。
70歳未満
被保険者の
所得区分

区分
自己負担限度額
(3か月目まで)
多数該当(※2)の
自己負担限度額
(4か月目以降)
上位所得者
(標準報酬83万円以上)
252,600円+
(総医療費※1-842,000円)×1%
140,100円
上位所得者
(標準報酬53万~79万円以上)
167,400円+
(総医療費※1-558,000円)×1%
93,000円
一般
(標準報酬28万~50万円以上)
80,100円+
(総医療費※1-267,000)×1%
44,400円

(標準報酬83万円以上)
57,600円
44,400円
低所得
(住民税が非課税等)
35,400円 24,600円
70歳以上 外来(個人) 外来・入院(世帯)
上位所得者
(標準報酬28万円以上3割負担)
44,400円 80,100円+
(※1 総医療費-267,000円)×1%
一般 12,000円 44,400円
低所得Ⅱ 8,000円 24,600円
低所得Ⅰ 8,000円 15,000円

※1「総医療費」とは保険診療にかかる医療費の総称(10割)です。
※2療養を受けた月以前1年間に、3か月以上の高額医療費の支給を受けた(限度額適用認定証を使用し、自己負担限度額を負担した場合も含む)場合は、4か月目から「多数該当」となり、自己負担限度額がさらに軽減されます。

● 限度額認定証は、加入されている健康保険の保険者に申請し、交付を受けて下さい。保険者によっては申請から発行までに日数がかかる場合もございますので、申請される場合は早めの手続きをお願いします。
ページのトップへ戻る
入院時の食事療養にかかる標準負担額(自己負担額)一覧表

対象者 金額
(1食につき)
一般 360円
低所得者Ⅱ
(市町村民税非課税世帯等)
過去1年の入院期間が
90日目まで
210円
過去1年の入院気期間が
91日目以降(長期該当者)
160円
低所得者Ⅰ(70歳以上のみ)老齢福祉年金受給者 100円
特別食加算(※1) 75円

(※1)特別食加算の対象と
なる治療食等
腎臓食・肝臓食・糖尿病食・貧血食・膵臓食・脂質異常食・痛風食・無菌食・先天性代謝異常食・高度肥満食・低残渣食・治療乳・特別な場合の検査食・経管栄養食 等
ページのトップへ戻る
トップページ病院のご案内外来のご案内診療科・部門のご案内入院のご案内健診のご案内交通アクセスお問い合わせ個人情報保護方針
ホームページ制作 Copyright© Kurokouchi Hospital All right reserved.